ロゴ
鍼灸院
照喜名治療院
topimage

スポーツ障害


スポーツ障害とは?

まずは、打撲・捻挫・骨折などの運動中の怪我

そして、痛めた組織が回復する前に、運動してしまう使い過ぎ


  1. スポーツ障害の原因


    1. 限界を超えた運動
      • 試合前は無理しない
      • やもえない場合に備えて、運動前にフォーミングアップを十分行う

    2. 過密トレーニング
      • 休養・睡眠が必要
      • 練習量を決め無理をしない

    3. 同じ部位の使いすぎ
      • 左右バランスを考えて、片方だけに集中しない
      • 痛めやすい関節は、なるべく固定して動かさない
      • 違う筋力で補う
      • 痛めやすい筋肉は、日頃から鍛えておく

    4. 食事のバランスが悪い
      • 打撲の多いスポーツでは、貧血になりやすいため、鉄分不足になりやすい
      • 脂質の多い食事だと中性脂肪・コレステロール値が高くなり、血行不良になり回復が遅くなる
      • 試合前の日から糖質をとりエネルギーを補っておく

  2. 鍼治療により

    • 血行を改善し怪我を防ぎ、回復を早める
    • 痛みを緩和させ、運動が早く再開できるようにする