ロゴ
鍼灸院
照喜名治療院
topimage

自律神経失調症


自律神経とは?

神経系には運動神経・感覚神経などの体性神経系と内臓・血管に行っている自律神経系があります。

血圧・脈拍・血管の太さ・消化器官の活動具合をコントロールしているのが自律神経です。


  1. 自律神経失調症の症状
    • ふぁっとしためまい、立ちくらみがある
    • 胸がザワザワする
    • 息苦しさを感じる
    • 手足の冷え
    • 便秘・下痢がある
    • 肩こりがある
    • 体が重だるい
    • 手汗をかく
    • 朝起きても疲労感が残っている
    • 天気の変わり目に頭痛が起こりやすい
    • 不眠があり、夢をよく見る
    • 喉に違和感がある
    • 不安感がありパニックを起こしやすい
    • 人前で文字が書けない
    • まぶしく感じやすい
    • 血圧が高め
    • イライラする

  2. 鍼治療では、
    • 自律神経失調症の方は、頭部から頚部にかけて筋緊張が目立ちます。
    • 交感神経が優位になりやすい体質になっています。
    • 痛くないやさしい鍼により、緊張を緩和します。

  3. マッサージでは、
    • 全身をリラックスさせ交感神経の活動を抑制します。
    • リラックスできる腹式呼吸を腹部マッサージで行います。