はり灸進化論 照喜名治療院

はり灸進化論の由来



はり灸進化論とは、常に新しい医学を吸収し、医学最先端からの情報をもとに、的確な鍼灸マッサージの治療を目指します。 すなわち、現状にとどまらず、常に新しい治療を探し求めることを意味します。

また、多くの情報から新しいはり灸治療マッサージの糸口を見つけだし、 医学の分野に貢献して多くの人々を病から救うことを願ってこの名前をつけました。

特に、脳科学について興味があり、まだ解明されていない人間の脳をテーマに研究をしていきたいと思っています。

生まれながら、脳に障害を持って生まれてきた障害児(自閉症、ダウン症、発達障害、学習障害など)や、 脳梗塞、脳出血、脳傷害の後遺症を持ってしまった人々を、はり灸を用いて少しでも障害を軽減できればと思っています。


ちなみに、女房が「OL進化論」(講談社:秋月りす)を愛読していたことが名づけのきっかけになったのは言うまでもありません。





通常画面, 拡大画面, シンプル画面が選べます