はり灸進化論 照喜名治療院

医療保険が使える人



  1. マッサージ、鍼灸治療のいずれも、保険が使える対象者は、寝たきりや歩行困難で、通院が困難な方になります。


  2. マッサージ治療の場合
    • 疾患ではなく、症状に対して行われます。そのため、病院の治療との併用が可能です。
    • 手足の関節のまげが悪い方、麻痺があって運動障害の症状がある方
     
  3. はり灸治療の場合
    • 次の疾患がある方に限定されますが、病院で同じ疾患を治療されている場合は、保険が適用できません。(診察・検査及び同意書交付を除きます)
    • 神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症、その他慢性的な痛みがある方


  4. 必要なものは、健康保険証とお医者さんの同意書(診療報酬点数100点です)になります。




少子高齢社会になり、介護される高齢者が多くなっていくわりに、介護する家族が減ってきているのです。 そのため、介護を必要とする人は、自宅での介護が難しくなり、 しかたなく、施設へ預けられるケースが少なくありません。 また、認認介護というのを耳にしたことはないでしょうか? それは、介護する方も認知症になっている場合であり、介護する側も大変になっています。








膝の体操


また、幼いうちから介護を必要としている障害児もいらっしゃいます。 保育だけでも大変なのに、毎週のようにリハビリへ通院したり、療育する両親としては大変なご苦労です。










はり灸進化論・照喜名治療院では、これら困っている人々のために、手助けすることを仕事にしています。 それが、訪問マッサージなのです。

在宅、施設などで楽に生活できるように、身体能力の向上・維持を目指し、マッサージ療法(または鍼灸)や運動療法を使って 治療や訓練を行っています。

歩行練習




通常画面, 拡大画面, シンプル画面が選べます